しつけの今昔-1

2019/01/31

 

 

犬のしつけは、今と昔はずいぶん変わったと思います。

 

私が、子どもの頃飼っていたシェパード(バン)は

警察犬の訓練に半年合宿で出していました。

「立って待て!」の訓練中のバン

当時、警察犬といえば「シェパード」

まだ、ラブラドールとか、日本にあまり入ってきてなかったんじゃないかな?

犬の図鑑に載ってる犬種も、子どもの私が暗記できるくらいの

種類しか載っていませんでしたから。

当時、子犬のバンを買った時、大型犬のシェパードは

「必ず訓練に出してください。でないと手に負えなくなります。」

というのがブリーダーさんとの約束でした。

3ヶ月で、我が家にやってきた彼は、6ヶ月になった時

半年間の初等訓練を受けるために、「警察犬訓練所」に入所しました。

本物の警察犬になるためには、その後さらに1年間の高等訓練に出さないといけませんでした。

バンは、不幸にも関節炎があり、警察犬には向かないと、諦めました。

足が弱いと、追跡調査や、犯人を襲ったりできないからです。

しかし、初等訓練といっても、かなりのことができる

「かしこ犬」になって戻ってきました。


soraはバンに顔がよく似ています。

訓練所から、うちに帰ってくる時、この訓練士の方に

いろいろ、訓練のレクチャーを受けました。

「どんなに訓練していても、毎日しないとできなくなります。命令をして、言うことを聞かない時は、鼻先を、リード(皮)で、叩いてください。犬は痛点が低いので、普通に叩いても、こたえないのでリードで。手で叩くと、こちらが痛くなりますから。そして、できた時は、思いっきり褒めてやってください。」

当時の警察犬の訓練所は、昔の軍用犬の訓練の仕方の流れが残っていて、

絶対服従と、制裁が強く出ていました。

この訓練士さんは、怖い人ではありませんでしたが

そういう訓練をしていたのでしょうね。

そして、それを言われた私も、家に帰ってから、バンにそうしていました。

と言っても、そんなに叩きはしませんでしたが

でも、命令しても効かない時は叩いてました。。。。。かわいそうなことしました。
 

昔は、やはり、所詮「犬」なのでしょうね。

人間の役に立つ動物。という認識しかなかったのかもしれませんね。

 

うちの周りでも、犬は家の前に、鎖で繋がれて「ワンワン」吠えて

家族が近づけば喜んで飛びかかり、舐めまくり

しっぽで飛んでいくんじゃないかってくらい、ブンブン回していました。

冷静に考えれば、鎖につながれっぱなしで

家族の顔見れば、嬉しくて散歩に連れてって〜〜〜〜!!!と懇願して

嬉しくて、腰折れるほどシッポ振ってくれてたんですね。

 

でも、当時の私も、犬に「喜怒哀楽」があるとは思っていなかったのが

現状でした。

 

そんな私の子供の頃の、将来のなりたい職業は

「警察犬の訓練士」でした。

犬の気持ちもわからない、ダメな訓練士になるとこでした。

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しております!

犬ブログ広場 MIX犬その他
犬ブログ広場 捨て犬 保護犬
犬ブログ広場 里親募集

投稿者:

mikan

空(sora) 2014年8月1日生まれ 広島在住  Mix 女の子 2歳 二重まぶたが チャームポイントです♡ 男らしい顔してますが 「Girl」です。 管理者:mikan 久々の ワンちゃんライフを始めて、 新発見ばかりの てんてこ舞い生活を綴ります。 夫婦2人暮らしの所に 突然、新しい家族が増えました。 「バカ」と言われても 彼女の成長記録を残しておきたい♡

「しつけの今昔-1」への2件のフィードバック

  1. 同じです。
    小学校の頃、犬の訓練士になります!と担任の先生に話しました。PTAの懇談会の時に「一人だけ個性的な仕事をしたいと言ったお子さんがいる」と話題になったそうです。

    1. ★ サクラまま さま

      一緒ですね〜〜♪
      今でも結構「個性的」な仕事ですよね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)