第2の悲劇の始まり。

2019/07/25

 

 

母の介護は、自分の部屋にレンタルの介護ベッドが入り

少し前に、兄や義姉さんや叔母さんや妹や甥っ子で

大掃除をしてくれたらしく、見違える様な明るい部屋に変身していました。

母は、色んなものに執着があり「捨てられない人」なんです。

ま、その辺は似たくないけど私も似てる部分が多分にあるな。

だから「プチゴミ屋敷」・・・いやプチじゃないけど。。。。

86歳にもなった人に「執着」を解くのは到底無理。

だから、見てないところで強引に捨てたみたい。

まぁ、そうしないと片付けられないもんね。

だから、パジャとかもなくて、一緒にお買い物や食事。

母と二人っきりなんて・・・・・高校生以来かも。

なんか不思議な感覚でした。

 

 

私が実家に帰っているので、マーブル一家が

父ちゃんを、自宅ドッグランに誘ってくれた。

散々走るんだけど、soraはワンプロしたいんだけど

大きくても、まだパピーのマーブルちゃん。

唸りながら、突進してくるsoraに引き気味。

怖そうではないけど、まだ一緒にガウガウはできないみたい。

映像は、soraがいじめてる様にしか見えない。

ごめんね。マーブルちゃん!

で、暑いからお家プール。

さすがレトリバー系。お水にはすぐドボン。

この後、プールでシッコして大笑い。可愛いな〜。

soraは川は好きだけど、ミストとかシャワーとか、プールは苦手なのだ。

遠くで見てるでしょ。

母さん、何この気持ちいいもの???

 

お家の中では、人んちのソファーでも、我が物顔で座ってます。すみません。

ここ私の定位置よ。
散歩の〆は、アリスママのところでご挨拶。

 

 

と、ここまでは、いつも通り。普通でした。

で、いつもなら夕飯を食べるのに、何も食べずぐったり。

たまに疲れると何も食べない時もあるので、それかと。
しばらくすると、朝食べたものを全て吐いてしまいました。

この時は、暑い中、走り回って、はしゃぎすぎて少し熱中症気味かな・・・

と思っていました。

このまま、具合の悪い「扉」を開けてしまいました。

「第2の悲劇的」の始まりでした。

 

 

実家にいる私に、父ちゃんから写真と具合が悪いと連絡がありました。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


にほんブログ村