しつけの今昔-1

2019/01/31

 

 

犬のしつけは、今と昔はずいぶん変わったと思います。

 

私が、子どもの頃飼っていたシェパード(バン)は

警察犬の訓練に半年合宿で出していました。

「立って待て!」の訓練中のバン

当時、警察犬といえば「シェパード」

まだ、ラブラドールとか、日本にあまり入ってきてなかったんじゃないかな?

犬の図鑑に載ってる犬種も、子どもの私が暗記できるくらいの

種類しか載っていませんでしたから。

当時、子犬のバンを買った時、大型犬のシェパードは

「必ず訓練に出してください。でないと手に負えなくなります。」

というのがブリーダーさんとの約束でした。

3ヶ月で、我が家にやってきた彼は、6ヶ月になった時

半年間の初等訓練を受けるために、「警察犬訓練所」に入所しました。

本物の警察犬になるためには、その後さらに1年間の高等訓練に出さないといけませんでした。

バンは、不幸にも関節炎があり、警察犬には向かないと、諦めました。

足が弱いと、追跡調査や、犯人を襲ったりできないからです。

しかし、初等訓練といっても、かなりのことができる

「かしこ犬」になって戻ってきました。


soraはバンに顔がよく似ています。

訓練所から、うちに帰ってくる時、この訓練士の方に

いろいろ、訓練のレクチャーを受けました。

「どんなに訓練していても、毎日しないとできなくなります。命令をして、言うことを聞かない時は、鼻先を、リード(皮)で、叩いてください。犬は痛点が低いので、普通に叩いても、こたえないのでリードで。手で叩くと、こちらが痛くなりますから。そして、できた時は、思いっきり褒めてやってください。」

当時の警察犬の訓練所は、昔の軍用犬の訓練の仕方の流れが残っていて、

絶対服従と、制裁が強く出ていました。

この訓練士さんは、怖い人ではありませんでしたが

そういう訓練をしていたのでしょうね。

そして、それを言われた私も、家に帰ってから、バンにそうしていました。

と言っても、そんなに叩きはしませんでしたが

でも、命令しても効かない時は叩いてました。。。。。かわいそうなことしました。
 

昔は、やはり、所詮「犬」なのでしょうね。

人間の役に立つ動物。という認識しかなかったのかもしれませんね。

 

うちの周りでも、犬は家の前に、鎖で繋がれて「ワンワン」吠えて

家族が近づけば喜んで飛びかかり、舐めまくり

しっぽで飛んでいくんじゃないかってくらい、ブンブン回していました。

冷静に考えれば、鎖につながれっぱなしで

家族の顔見れば、嬉しくて散歩に連れてって〜〜〜〜!!!と懇願して

嬉しくて、腰折れるほどシッポ振ってくれてたんですね。

 

でも、当時の私も、犬に「喜怒哀楽」があるとは思っていなかったのが

現状でした。

 

そんな私の子供の頃の、将来のなりたい職業は

「警察犬の訓練士」でした。

犬の気持ちもわからない、ダメな訓練士になるとこでした。

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


にほんブログ村

こちらのランキングにも参加しております!

犬ブログ広場 MIX犬その他
犬ブログ広場 捨て犬 保護犬
犬ブログ広場 里親募集

「犬を飼う」〜ガス室送りになったバン〜 2

2017/9/9

 

 

バンは生後3ヶ月で我が家に来て、6ヶ月になる頃
半年間ぐらいだったと思いますが・・・だったかな?
警察犬の初等・中等訓練のため、訓練所に預けることになりました。
確か、月3万だったと思います。

 

面会は遠かったので、親に車で連れて行ってもらうしかないので
1ヶ月に1回くらいしか、会いに行けませんでしたが
バンは、ちゃんと私のことを覚えていて
訓練に勤しんでいる姿を見せてくれました。

訓練所では、それぞれ名札がかかっているのですが
みんな、そうそうたる名前で「シーザー」とか「アレキサンダー」とか
その横で「バン」って・・・・・なんか、弱そう名前でゴメンねって感じでした。
バンの本名(血統書名)は「ボルゴ・フォン・シマネ」です。
ボルゴの方が、カッコよかったね。

 

初等/中等訓練が終わると、修了試験が東京でありました。
とても、鼻のいい子で
匂いを嗅がして、同じものを取ってくる「臭気選別」では、満点でした。

警察犬になるためには、その後1年くらいだったかな?
高等訓練を受けなければなりません。
その時点で、高等訓練を受けるか、受けないのかを
判断しなければなりませんでした。

初等/中等訓練の修了試験は、とても優秀な成績で通過したのですが
足の関節が悪く、警察犬には難しいと判断し
高等訓練には出しませんでした。
子犬の時、大型犬はカルシュウムをたくさん与えないといけなかったのを
知識がなく、骨の成長と、体の成長が追いつかなかったらしいです。

その後バンは、結構関節痛で病院通いをしました。
寒くなると、足を引きずって、歩いていました。

 

警察犬になれなくても、私にとっては
かわいいバンに、変わりがなく
やっと家に帰って来たバンは、可愛くて仕方ありませんでした。

訓練を終えたバンは、体もすっかり成犬になり大きく成長して
30kg以上はあったと思います。
訓練を終えて、帰って来たバンは
脚側歩行はもちろん、立って待ても、座って待ても
ずっと待ても、難なくこなし、命令1つで、高い塀も飛び越えて行きました。
匂いを嗅がして、同じものを取ってくる臭気選別のも
難なくこなす「彼」を見ると
自分のとこの子とは思えない、鼻の高い感じでした。

 

犬の基本の訓練の仕方は、その時訓練士さんから教わったものです。
それは、soraを飼い始めた時に、ものすごく役に立ちました。

 

余談ですが、当時の訓練はスパルタでした。
特に、大型犬に関しては、
「女の子は、なめられて命令を聞かないから
言うことを聞かなかった時には、皮のリードで、
鼻先を思いっきり、叩いてください。
犬は痛点が低いので、そんなに痛がりませんし
自分の手で叩くと、こっちが痛いですから。」
と、卒業する時に指導された。
今の、褒めて育てるとは、正反対です。

そんなもんなんだと、さほど不思議にも思いませんでした。
できた時は、よく褒め、できなかった時は、やはり叩いていたと思います。
もちろん、そんなに何回もはしなかったけど
かわいそうなことをしました。

犬の訓練も、時代が変われば、随分言うことが違うものですね。
犬も、体罰は嫌なはずなのに
当時は、あまり「犬にも豊かな感情がある」とは、
思われていなかったのかもしれません。

 

 

 

3へ  つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

 

こちらのランキングにも参加しております!

犬ブログ広場 MIX犬その他  犬ブログ広場 捨て犬 保護犬  犬ブログ広場 里親募集