背負った十字架

2019/12/26

 

 

少し前の話になりますが

この前の、譲渡会の時、帰ろうとしている時

「すみませ〜〜〜〜ん。」と走って来る人。

「・・・???私??誰???」

と思って、立ち止まった。

その人は、sora blogを見てくださってる方だった。

会ってすぐ

「私も同じ体験をしているんです。」

といきなり言われて、

「????同じ体験????あ、soraの急性膵炎のことですか?」

と聞き返すと、その方は

「どうやって、背負った十字架を下されたんですか?」

といきなり言われた。

「十字架????」

と思ったのですが、すぐ彼女の言ってるのは

私が前に飼っていた犬「バン」の事だと気づきました。

 

愛してやまなかった「バン」


「バン」の事は、とても辛い経験で、私の中で40年も重く心に乗しかかっていた出来事でした。

詳しくは→→→「バン」

私の中では、決死の思いで懺悔の気持ちもあり

やっとの思いで文字にしたのが、あのblogでした。

でも、口に出して、「バン」のことを話した事は

いまだに、数人しかいませんでした。

 

その方も、どうやら同じような体験をされたみたいなのですが

あまりにいきなり「バン」の話を聞かれたもので、ものすごい動揺してしまいました。

「重い十字架をどうやって、下されたのか聞きたかったのです。」

と言われた時

「・・・・十字架は、下せていません。ずっと背負っていくでしょう。」

というのが、精一杯でいきなり涙が溢れてしまいました。

 

私にとって「バン」の事は、あまりに長い間「心の中」に封印したことによって

自分の中で「罪の意識」が膨らみすぎたのだと思いました。

もっと早く、人に話すことで、もう少し楽になったんじゃないかと思っていました。

その話は、その方にはしましたが、動揺が隠せなくって

彼女の話を、もっと聞いてあげるべきだったのに、独り喋ってしまいました。

 

 

私の中では、文字にする事はできても、言葉に出して「バン」の事喋る事は

未だに、悲しすぎて「声」に出すことができないんだと、改めて思いました。

 

 

でも、彼女には

「人に話すことで、後悔はなくならなくても、少し気が楽になるかもしれませんね。」

とは、伝えました。

とは言いつつも、私は「バン」の事は、よほど犬好きの親しい人でないと

その話は多分、これからも「声」に出しては話せないと感じました。

警察犬訓練所にて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


にほんブログ村