「ペットロス」について。

2019/03/27

 

 

ここ半年くらいで、知人近所のワンちゃんが立て続けに亡くなり

皆さんの「その後」がそれぞれだと感じます。

 

大切な家族が亡くなって、どの人も「いずれ来るその時」を

想像しながら生きていたと思うのですが

心構えをしていても、「その時」は突然やって来ます。

その時に、きっと自分が想像していたのとは、多かれ少なかれ

違うのではないかと思います。

 

頭では、十分「別れ」の準備はできてると思っていても

「心」はそんなにクールになってくれなかったりしますよね。

 

でも、私の場合は、以前飼っていた子と辛い別れをしたせいで

長い長い辛い「ペットロス」になってしまいました。

※知らない方はここを読んでください。→→バン

 

でも、悲しみも何かに置き換える事をしたり

人に話したりしないと

心の奥底に、溜まってしまって、私の場合こびり付いてしまいました。

新しい子を、迎えられなかったのも、住宅事情以上に

気持ちに、「生きられなかったバンに、申し訳ない。」

という思いが強かったからです。

それに、自分に自信がなかったのです。

「バン」にダブるんじゃ無いかと・・・・・。

新らしい1歩を踏み出すのに、何十年とかかりました。

 

 

でも、やっと重い扉をこじ開けて、そこに待っていたsoraは

私の重い呪縛を簡単に取り除いてくれたのです。

 

新しい子を迎えるのも、やはり「バン」の面影をおい

少し似ている子を探す自分がいました。

でも、soraを見つけ出してくれたのは「父ちゃん」でした。

soraが来てくれたことによって、私の心は救われ

人間関係は大きく変わっていきました。


そして、長く閉ざしていた「バン」の話を、口に出してすることによって

申し訳なさは変わらないのですが、少しずつ心が軽くなりました。

 

「新しい命」は「新しい風」を持って来てくれました。

「命」は「命」でしか補えないんだと思いました。

 

でも、私たち夫婦にとって、soraは最初で最期の子になるだろうと思います。

soraがあと10年元気でいてくれたら、その後は私たちも

新たな子を迎えることはできないだろうから。

過保護すぎると言われても、超可愛がって

大切にしてあげるつもりです。

また「ペットロス」になるのは、間違い無いけど

バンの時と違って、たくさんの思い出を、これからも作っていけるから。

 

 

だから、時間が経って、心が落ち着いたら

「新たな家族」を迎えられることが可能な方は

ぜひ、「かわいい家族」を迎えてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


にほんブログ村

「犬を飼う」〜ガス室送りになったバン〜 1

2017/9/8

 

 

 

今から書く話は、私が長い間
話したことのない話です。
知っているのは、ほんの数人しかいません。
辛すぎて、40年も話せなかった話です。

私が子供の頃飼っていた、愛犬の話です。

実家に帰った時、懐かしい写真が出てきたので
昔の写真で、ピンボケも多く
枚数も少ないのですが、ここに載せておきます。

 

話した事がないので、記録のつもりもあり、細かく書きます。

長くなりますが、お付き合いください。

 

長くなるので4回に分けて、アップしていきます。

 

 

私は高校生の頃、シェパードを飼っていました。

当時、TVで「刑事犬カール」と言うのをしていて
その警察犬の賢さに感激して、どーしてもシェパードが飼いたかったのです。

 

それ以前にも。雑種の子を何匹も飼っていました。
犬は好きなのですが
昔のことなので、どういうのが可愛がっているかということなのか
全く分かっていなかったと思います。

 

 

その頃、我が家は、父が大病をきっかけに
アルコール依存症になり、家庭内は結構悲惨なものでした。
多感な時期でもあり、誰にも相談できず
私の心は、殺伐としたものがありました。
学校は楽しいのですが、家庭に安らぎがなく
呼吸をするのも苦しい毎日でした。

 

学校の課題で「家族」について作文を、と言われても
「家族については何も書きたくありません。」と提出したくらいでした。
家族の話を、誰にもしたくなかったのです。

 

そんな、地獄の毎日から、何かに目をそらしたかったのです。
「愛して、愛されるものが、欲しかったのです。」
そして、犬なら「絶対に自分を裏切らない」と思い
賢い犬が、飼いたいと思ったのです。

 

子供で浅はかだったので
血統書付の犬は、「賢い」と単純に思っていました。
いえ、心の底から思っていました。
雑種より、血統書付の方が「賢い」と。
(後に、soraを飼って、その考えが全く間違っていたことに
気づくのに40年もかかってしまいましたけど・・・・)

ずっと、雑種を飼っていたので
一度、血統書付の犬を飼ってみたいという、浅はかさも上塗りされてました。

 

 

当時、うちの近所には・・・と言うか時代なのか?ペットショップは無く、
新聞の「譲ります」コーナーに、3ヶ月のシェパードの子犬の記事が載っていました。

確か、当時、シェパードの子犬1匹、3万円だったと思います。
ブリーダーさんから直接買いました。

 

さすがに大型犬なので
捨て犬を拾ってくる感覚な様にはいかず
「半分自分がお金を出すから買って欲しい」と親に頼みました。
親もその当時の家庭環境が、子供に良くないと思ったのか
あまり、もめる事なく飼う事になったと思います。

 

今から考えれば、よく飼ってくれたなと思います。
大型犬だから、いろいろお金がかかるのに
飼ってくれたのには、感謝しています。

 

60km離れたブリーダーさんの所に行きました。
生後3ヶ月の男の子を、貰いに行くのに
小さな、パピー用の首輪を持って行ったのですが、
もうすでに、10kgぐらいはあったと思います。
大きくて。ビックリした記憶があります。

この写真は、ウチ来た時の写真です。

 

車の中で何回も吐きながら、帰って来ました。

 

名前を「バン」と名づけました。
まだ子供だった私は、その時TVでやっていた
山口百恵ちゃんの「赤い疑惑」に出てくる
柴犬の名前が、確かフランス語で「Le vent」(バン)。
「風」を意味する言葉でした。
その素敵な名前を取って「バン」としました。

 

豪華な血統書ももらい
これが「血統書」っていうものなね。
と思いましたが、それを使うことは二度とありませんでした。

 

当時は、犬を家の中で飼うという感覚が全くなかったし
大型犬なので、なおさらなく
小さなバンを、外に1匹で出していました。

 

確か当時は、まだワクチンを打つ習慣も
フィラリアの薬もフロントラインもありませんでした。
犬舎には、防虫ライトをつけ、蚊取り線香を焚き
蚊に気をつけていました。

大型犬の上、オスなので大きくなることを予想して
大きな犬舎も建てました。
コンクリートと、鉄格子の相当立派なものでした。

 

 

暗い、私の生活は「バン」のお陰で一変しました。
寂しさも、足りない「愛」も、バンが補ってくれました。

 

私は、高校生で部活が忙しく、夜帰りも遅く
毎日の散歩は、今から考えると、
きっと大型犬のバンには、少し運動量が足りなかったねバン。ゴメンね。

 

 

2へ つづく

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

 

こちらのランキングにも参加しております!

犬ブログ広場 MIX犬その他  犬ブログ広場 捨て犬 保護犬  犬ブログ広場 里親募集