悲しすぎる訃報。

2021/08/05

 

 

昨日夜中、1通のメールが届いた。

それは、敬愛する先輩のイラストレーター「薙野薙野たかひろ」さんの

訃報を告げるもでした。

私たちが、上京した時から、2人を夫婦で可愛がってくださり

一緒に食事をしたり、朝までカラオケ行ったり、忘年会したり

引っ越し手伝ったり、Macのレクチャーをしたり・・・・

数え切れないくらい、一緒に遊びました。

とてもメジャーな、イラストレーターなのに、偉ぶるとこもなく

でも、教わるところはたくさんありました。

広島に引っ越してからも、ずっと付き合いがあり

BOOSUKAが個展するときは必ず見に来てくださり

広島の家にも遊びに来てくださったり、電話で長々お話ししたりしてました。

オリンピックも始まって、どんな感じですか?

と電話を入れようと思っていた矢先のことでした。

 

闘病していらっしゃったのを知らなかったのです。

病気のことを、あまり話したがらない方だったので、

あえて深く聞かないようにしていました。

でも、まさか、亡くなるなんて・・・・・

あまりにショックで、涙が止まりませんでした。

奥様の悲しさを思うと・・・・・つらすぎます。

いつも、一緒に遊んでましたから。。。

薙野さんにもらったタペストリーは
ずっと我が家に飾ってあります。

毎年いただくカレンダーは
命日の8/2、もうめくる事はできません。

コロナ禍で、お葬式に駆けつける事も、最後にお別れを言う事もできません。

(コロナで亡くなったのではありません)

 

私が「恐れ多い。」というと

「友達じゃん!」と気さくに言ってくださった薙野さん。

おこがましいですが、とても大切で大好きな「お友達」でした。

「仕事」も「生き様」も『カッコイイ』人でした。

お茶目な人でした。
こんなことも一緒にしてくれる。
ビールが好きで、ウチで朝まで飲んでた事もありましたね。

 

sora宛に初めて、郵便物を送ってくれたのも、薙野さんでした。

宛名に「sora」の名前があって、感激したものでした。

似顔絵付きでした。

soraがまだ生後4ヶ月の頃でした。
まだ、soraにも会ってもらってなかったのに・・・・・。

 

一見、怖面で怖そうですが、お茶目な人でした。

早すぎますよ、薙野さん。

また、広島に来てくれるって言ってたじゃないですか。。。。。。。

まだまだ、普遍的な可愛いイラスト描かないとダメだったのに・・・・。

 

言いたくないけど

「心からのご冥福を祈ります。さよなら。。。。薙野さん」

『そして、ありがとうございました。』

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村