信じられない訃報。

2020/07/27

 

 

昨晩夜中に入ってきたメールは、高校時代の友人からでした。

「恵子さんが、なくなった。」

と言う短いメールでした。

「恵子」と言うのは、私の幼馴染。

「なくなった。」と言うひらがなが、「亡くなった」なのか「無くなった」

なのかが分からず、「亡くなった」と言う言葉を信じられず・・・

いや、信じたくなかったのです。

でも、そのメールとは別に、中学時代の友人から2人も、電話が入っていて

この時期に、私が実家に帰ってることなど、分かるはずもなく・・・・

眠れない夜を、明かしました。

 

 

5時に起き、昨日の友人たちに連絡を取りたいけど、さすがに朝早すぎて気がひける。

6時まで待って、たまらず電話しました。

・・・・やはり恵ちゃんは、亡くなっていました。

「恵ちゃん」は、私の幼馴染。小学校・中学校・高校と一緒。

とても仲が良く、今でも、ずっと付き合いがありました。

あまりのショックに、信じられない気持ちと共に、涙が溢れて、話ができません。

おととい亡くなり、昨日お通夜で、同級生のみんなで、お家に行ったみたいだったらしいです。

今日、3時に葬儀があるとのことでしたが、コロナで30分並んで焼香のみ

とのことでした。

 

うちの田舎は、葬儀の前に、出棺して荼毘にふしてしまいますので

本人に会うためには、どうしてもお通夜に会いに行かなければなりません。

葬祭場に電話して、出棺の時間を聞いたら、「ご自宅からです。」とのこと。

斎場の人が気を利かせて、出棺の時間「9時半」と教えてくださった。

その時点で、7時半。

コロナで、自宅に行くのは気がひけるし、申し訳ない。

ましてや、喪服も持ってないし・・・・

でも、そんなこと言ってられない。広島なら会えないけど、ここなら

非常識と言われても、恵ちゃんに最後のお別れができる。

そう思い、思い切って電話を・・・・と思ったら、恵ちゃんの携帯しかしらなかった。

ダメもとで、かけてみた。RRRRR カチャ!男の人が出た!

「私、広島の○○です。ご家族の方のみでの出棺だと思いますが、その前に少しだけ、恵子さん拝ませてもらえませんか?」

と頼むと、旦那さんだと思ったその人は「息子さん」でした。

「○○さんですか?母から聞いてます。来てください。」

とおっしゃってくれました。

その、「○○さんですか?」と言うのは、私の子供の頃のニックネームでした。

それを聞いた瞬間、会ったこともない息子さんに私の事を話してくれてたと思うと、堰を切ったように涙が出た。

 

TシャツにGパン。とても、伺える格好ではなかったけど

香典袋を急ぎ準備して、車を走らせた。8時10分。

 

コロナのせいなのか、お家には、出棺前だと言うのに

あまり、親戚の人もいなくて、玄関先で、息子さん2人と旦那さんが迎えてくれた。

もう、涙であまりちゃんとした挨拶はできなかったけど

お部屋に入ると、恵ちゃんの棺と祭壇。

その横に、小さくなった「お父さん、お母さん」がいらっしゃった。

多分90歳前くらいじゃないかと・・・・あまりにも辛すぎる。

畳に、額をこすりつけるように挨拶をして、まず恵ちゃんのところに行った。

お線香を立て、棺の中の恵ちゃんを覗き込んだ。

いつも、いつも笑顔だった恵ちゃんは、そこにいませんでした・・・・

ただただ、深い眠りについている恵ちゃん。。。。。

「恵ちゃん。。。恵ちゃん。。。。」何度話しかけても、

閉じられた目は開かず、小さく口元が開いて白い歯が見えた。

私は、嗚咽を隠しきれず、笑顔しか見たことのない恵ちゃんに話しかけた。

 

小さな時から、大好きでした。

子供の頃から「恵ちゃんって、うちのお母ちゃんに顔が似てる〜!」とよく言ってました。

だから、すごく親しみが湧いていたんです。

大人になっても、その感覚は変わらず、大好きでした。

夫婦で、広島の家にも泊まりに来てくれました。

その旦那さんが、恵ちゃんの最後を泣きながら色々話してくださった。

ずっと、甲状腺の病を抱えていたけど、

去年の末に、再検査したら末期の甲状腺ガンになっていたらしい。

もう、その時点で手遅れだったらしい。

ご両親が、まだご健在なので、誰にも言わないでと、知らせなかったらしい。

笑顔しか、思い出せない恵ちゃんなのに、最後は辛かったね。

それでも、出棺前のお忙しい中10分くらい話してくださった。

最後に、もう一度 恵ちゃんにお別れを言って、帰りました。

信じられなくて、辛くて。

本当は、旦那さんや息子さんに「とても素敵なお母さんでした。」と

声をかけてあげるべきでしたが、あまりに自分が一杯一杯で

息子さんたちに「運転気をつけて帰ってください」と

泣きながら運転する私を逆に心配される始末でした。

 

こんな時期だから、県外の遠くの私たちには、連絡がなかったのだろうけど

たまたま、帰省していて、連絡をくれた友人たちに感謝。

本当は、会えなかったはず。

広島で訃報を聞いたら、車を飛ばして危なかったかもしれない。

そんな大切な友達。。。。

悲しすぎるけど、最後のお別れができただけ、私は「幸せ」なんだと思う。

 

 

本当に、明るく面倒見のいい、いつでも同窓会の幹事役をしてくれてました。

田舎に帰ると「一緒に飲みに行こう」とよく誘ってくれました。

いつだって、県外に出た、私たちが集まる幹事は、「恵ちゃん」でした。

 

「恵ちゃん、恵ちゃんがいなかったら、誰が同窓会してくれるの!!!!」

あんなに健康だったのに、あんなに笑顔だったのに・・・・

みんなより、早く言って、向こうで同窓会場探しておくのかな・・・?

準備が早すぎるよ。

みんな、まだ準備できてないよ。

同窓会は、もう少し先でしようね。。。。。

また、会おうね。恵ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村

あまり遊んでもらえないsora

2020/07/26

 

 

私の実家に帰ったのは、大甥の「お食い初め」 もあるけど

やはり、年老いた、母のことや、実家での諸々。のためでした。

日中は、家のことでバタバタしているので

soraはまるっきり遊んでもらえません。

今までは、昨日の甥っ子が、犬好きなので、遊んでくれていたのですが

流石に我が子に、時間を取られるから、今は遊んでもらえない。

 

でも、朝は一緒にお散歩。

ここから、鴨を見るのが好きなsora

朝は生き生きしてますが、

家に帰ると、超まったりしてます。

「soraもすっかり落ち着いたな〜」と兄貴。

まったりsora&ジイちゃん兄ちゃん!

孫がいないときは、soraにくっついてる、ジイちゃん兄ちゃん!

 

 

soraは、私や父ちゃんが、家のことで、バタバタとしてて、家を空けても

こうやって、兄貴の家でお留守番してます。

 

 

 

 

 

 

そして、いろんなことが終わり、12時前に、やっと寝ようとお布団に入ったとき

「・・・・・!」信じられないメールが入り

信じられないまま眠りにつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村

お食い初め

2020/07/25

 

 

私の甥っ子のが、去年末に入籍して、今年の3月に赤ちゃんが生まれた。

でも、コロナで、全く会えていなかった。

会いに来てくれるといっていたのですが、

赤ちゃんに何かあってはと思い、断っていました。

でも、またコロナが流行ってきて、第2波がきてるみたいなので

このままでは、なおさら会い無くなってしまうので

思い切って、島根でみんなで会うことにしました。

ついでに、「お食い初め」もすることに、しました。

 

 

なんせ、甥っ子のお嫁さんに会うのも初めて、赤ちゃんに会うのも初めて、

そして、お嫁ちゃんが私たちに会うのも、soraに会うのも初めて!

そして、ごたいめ〜〜〜〜〜ん!!!

お嫁ちゃんは、とても可愛くきさくで、感じのいい子でした。

赤ちゃんは、なんと甥っ子の小さな時にソックリ!笑える!

似てると、余計に可愛い!

相変わらず、愛想のないsora。

「こんにちは!Rです!」
「・・・・soraです。チビは・・・・苦手」

R:「そんなこと言わず、仲良くして佳〜!」
sora:「まぁ、遊んであげてもいいけどね」

可愛いR💕

 

 

生後100日を祝っての「お食い初め」

あの小さかった、甥っ子も「お父さんか!」
なんか、そっちの方が感慨深いな。

記念写真大会。
みんなスマフォで、写真は山の如くとってた。
家族の人数分、スマフォがあるから写真「腐るフォト」あるな!

 

私の大好きな甥っ子の連れてきた「お嫁ちゃん」は

とてもいい子で、よかった💕

これから仲良くしていけそう〜。

 

甥っ子の子供「大甥」と言うそうだ。

立場的には、「孫」みたいなものだけど

「おばちゃま💕」って呼んでもらおうかな〜。なんつって!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村

あずき雑煮

2020/01/07

 

 

島根の話をもう少し。

出雲地方のお雑煮は、普通の「すまし」ですが、

この地域で有名なのは「あずき雑煮」です。

簡単にいうと、少し薄い「ぜんざい」です。

私の母の実家は、松江なのですが、

私が子供の頃は、お正月これが出てきて

さらに砂糖をかけて食べていました。

子供だった私は「マジか〜〜〜〜!!!!」と喜んだものでした。

「お砂糖たっぷり」は昔は多分、お正月の贅沢だったのでしょうね。

父ちゃんは「あずき雑煮」が食べられて、喜んでいました。

 

もう「とんど」の準備してました。

子供頃は、「とんどさん」が好きでした。

島根は「スルメ」をその火で焼くのが定番でした。 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


にほんブログ村

 

どよよん日本海

2020/01/06

 

 

因島から島根に移動して、やっと帰ることにしました。

親が年をとって、楽しい帰省というより、今後の心配が増すものとなりました。

私自身も、運転は昔から、ものすごく好きで長距離も全く平気だったのに

疲れて、休みがちだし、夜は運転したくなくなってきました。

 

因島の空は、あんなに「青かった」のに、島根の空は「グレー」でした。

やっぱり!

私の、島根の冬のイメージは「グレーの空」でした。

福井の友人と「そうそう!」と話しの盛り上がる横で

太平洋側の友人たちは「冬の空は、すっきり真っ青!」と。

これが「どよよん日本海の空だ〜!!!!」

どよよ〜〜〜〜〜ん。これ普通ですから。
これで雪が普通は降るのです。
雪が降らないだけ、今年はマシです。
たまに晴れるので虹がかかってます。
虹の始まりだ〜!と父ちゃんが写真撮ってました。

 

 

フラフラになりながら、やっと自宅に戻ってきました。

soraも、長旅で疲れたのでしょう。

因島(父ちゃんの実家)→安来(母ちゃんの実家)→母ちゃんの兄貴んち

→母ちゃんの叔母さんち

と泊まり歩き、気を使ってクタクタのsoraちん。

狭いながらも、楽しい我が家とは、この事だわ!
みたいな顔して帰ってすぐ爆睡してました。

少し体が元気になったのでしょう、いつもは体調を崩すsoraなのに

今回は元気でした。

 

しか〜〜〜し、父ちゃんは「寒い!寒い!」とブルブルしてました。

今回は温暖な島根だったのに。

温暖な、因島の父ちゃんには、日本海の寒さはこたえるらしい。

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ


にほんブログ村