エリザベス女王の国葬

2022/09/20

昨夜、エリザベス女王の国葬が行われて、あまりの素晴らしさに見入ってしまいました。

国民の、女王が亡くなったことへの「愛と悲しみ」がひしひしと感じ

まるで物語を見ているような「美しい葬儀と葬列」

 

いくら準備していたとはいえ、こんなにきっちり揃った整然とした美しい葬列が、できるものなんですね。

太鼓の音ともに、馬も人も、全員が足並みを揃えて、全く腕を振らず

女王の霊柩車が通る時、国民が投げ入れる1輪のお花でさえも、全てが美しいものでした。

イギリスという国が、歴史があり、国民に女王が愛されていた証の「国葬」でしたね。

 

映画のワンシーンの様にしか見えない。

あまりにも美しい「バグパイプ」の演奏で幕引きをする。素敵すぎて泣ける演出でした。

こんな遠くの国の、一庶民の私でさえエリザベス女王の死が、心に刺さります。

英国の人たちは、本当に寂しいでしょうね。

 

 

 

図らずも、今回の国葬で写ったところは、

若い時に夫婦で、イギリスに遊びに行った時に寄ったところでした。

その記憶が蘇り、とても身近に風景を見ることができました。

「偉大なエリザベス女王のご冥福を、心より申し上げます。」

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

あっちもこっちもコロナ!

2022/08/15

 

 

さらに続くコロナのお話。

先日、30年らいの友人のお母さんが亡くなり、お葬式には出席できなかったので

仏壇を拝みに行かせていただいた。

そこでも、コロナの濃厚接触者で臨終に立ち会えなかったお話とか聞いて

かかっていなくても、「会えない」「立ち会えない」悲しみを目の当たりにしました。

今更ながら、コロナにかかったら、濃厚接触者になったら

本当に自分の意思とは別に、「大切なひとの臨終」さえも立ち会えない。

 

本人は元気なのに、PCRの検査結果が携帯に届かないために

病院に入れない、駐車場の自分の車の中で「ただ待つしかない悲しみ」

本当に、誰のせいでもなく、誰も悪くない。ただ「コロナが悪い」。。。。

 

今はそんな時代になってしまったのだと、痛感した悲しい友人の話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

「薙野たかひろ」さん一周忌

2022/08/02

 

 

去年の突然の訃報から1年たった。

大好きな先輩イラストレーター「薙野たかひろ」さんの訃報。

広島にも遊びに来てくださった。

奥様からの直接のメールだったので、信じざるを得なかったけど

信じられず深い悲しみが襲いました。

コロナで、いきたくても行けなかった「偲ぶ会」

本当に悲しいのに、お別れもちゃんとできないもどかしさだけが残りました。

 

今日が命日。

心ばかりのお供えを送りました。

 

薙野さん、元気にしてますか?

あちらの世界できっと笑って、唄歌ってるでしょうね。

それとも、イラスト描いてますか・・・・・。

いつも電話で話してた、薙野さんの声が耳から離れません。。。。

今日も、薙野さんの顔を見て、また涙が出ます。。。。

今日は、Sさんのとこに帰ってきてますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村

良い事も悪い事も重なる。

2022/04/20

 

 

同じような事柄って重なってこないですか?

「良い事」も「悪い事」も。

 

仕事も、同じ時期に重なり、

暇な時は「おーーーーい!暇だよ〜!」と言って、寝てばかりいるのに

フラフラになるくらい頑張っても、終わらないこともある。

若い時は、3日徹夜しても「ユンケル」飲んで頑張れたのに

今や「ユンケル」飲んでも眠たい!

 

いろんな行事が重なり、参加できなかったり、

叔母の訃報が急に入ってきたり・・・・行きたくてもいけないコロナ状況。

 

若い時は、いい事だけど友人の結婚が重なり

ビンボーな若い時代は、本当に苦しかったです。

 

なんかどうでもいい話だったのですが、

なんか色んなことが重なり、

叔母の訃報を聞いて、少しナーバスになっちゃいました。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村

神田沙也加さん急逝

2021/12/21

 

 

本当にショックなニュースでした。

色々私たちには想像もつかない苦労してきたでしょうけど

仕事も順調そうに見えてたのに・・・・

それぞれ、悩みはあるでしょうけど、

途中で人生を自ら捨てるのは「もったいない」です。

苦しんだ分、もっといいこともあるでしょうに。

 

私は「人生プラマイ0」だと思っているのです。

どんな人にも、大なり小なり、いいことも悪いこともある。

押し並べて「0」になるんじゃないかというのが持論です。

 

どうでもいいことですが

松田聖子さんは、私は同い年。

あの年頃の子がいても、おかしくない。

病気でも、事故でも、親は無念でしょうけど、

自殺は、親にとっては辛すぎる。

小さな箱に入った、沙也加さん抱いてる神田正輝さんが痛々しかった。

 

でも、神田沙也加さんのご冥福を祈ります。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村