父の掛け軸

2021/03/27

 

 

父が亡くなって、18年。

その当時、母は父のものをみんなに一切形見分けしなかった。

その真意は、よく分からないけど

「悲しくて手放せなかったのだろう」と思っておこう。

 

母が今回施設に入り、兄妹で家の中を片付けることにしたのです。

いろんなものが手付かずだった、ゴミ屋敷の実家から

書が趣味だった父の「掛け軸」を数本もらうことにしました。

掛け軸は、父母の収集の趣味もあって、40〜50本ありました。

母の体が思うようにならなくなって、風にも当たらなくなった軸たちは

かわいそうに、シミやカビが点々と付いていました。

でも、父の思いを少しだけ分けてもらいました。

・・・・・と言っても、我が家も飾るとこないのですが・・・・。

 

あまり、そう言うものに興味のない兄妹たちに

このまま、処分されてしまう前に、ちょっとだけピックアップ!

 

しかし日本人って、こう言うものを掛けて、花を飾って

床の間を飾るのって、風流だね。年取って初めてわかる感覚だわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます。
よろしければ、soraをポチッとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

にほんブログ村