叔父の家に遊びに行く

2023/11/05可愛がってくれる、父ちゃんの叔父の家に遊びに行ってきました。私は親戚付き合いは割と苦にならず・・・というか結構好きな方です。やはり身内というのは、いいものですね。年取って尚更。血のつながりというのは「強いもの」だなと感じ...
美味しいもの

甥っ子家族と姪っ子と母

2023/04/10コロナで、島根にもなかなか帰れず、本当に久々に帰ってみんなに会い、まずは国家試験に合格して、この4月からナースのスタート切った姪っ子にちょっぴりのお祝い💕彼女は、時間を惜しむように、看護書を見て勉強していた。本当に感心な...
お友達

島根観光ツアーガイド -2

2023/04/09今日の出発は、道の駅「アラエッサ」からです。安来といえば「どじょう掬い」それに因んだネーミングです。ちなみに「安来」は “YASUGI ”と濁音で読みます。私のここでのお土産の1押しはなんと言っても「梨のんの」喉の痛みに...
お友達

島根観光ツアーガイド -1

2023/04/08東京の友人が、島根に遊びに来るというので、案内を買って出ました。「松江」「出雲」「安来」を回るというのに、無視できません。それどころか「引きずり回してやる〜〜〜〜!!!」の勢いで合流。昨日は「松江」散策だったのですが、コ...
美味しいもの

ゆめしま海道

202/03/16今日も朝から「エルブレ一家」とい一緒に遊ぶことになっています。今日は、弓削島→佐島→生名島→岩城島 を橋で繋ぐ「ゆめしま海道」を移動してみました。まずは、弓削の先端で。記念写真。弓削大橋最近できた橋を4つ渡りながら、弓削島...
因島

エルブレに再会♫

2023/03/15キャンピングカーで、夫婦2人と犬2匹の家族一家で日本中あちこち移動中の「エルブレ一家」が、会いにきてくれました。中国地方を移動していた一家が去年の11月にも、会いにきてくれました。ずっと移動しているわけではなく、東京を拠...

弓削島 Part.2

2022/05/03  soraを連れて、朝散歩防波堤にイラストが描いてありました。うんち場を散策するsora。クンクン「ここか?ここか?」ポスターの様に美しい〜。 なかなか近いけど来れないので、お墓参りに。このヤカンが並んでる風景、好きな...

弓削島 Part.1

2022/05/02  父ちゃんの叔父夫婦が住む「弓削島」へ行ってきました。父ちゃんはここの島生まれで、ばあちゃんが生きていた頃は子供時代をズッとここで 、過ごしていました。叔父が、犬が苦手だと聞いていたので、以前はは私も一緒に何度も泊まっ...
その後

旅疲れのsora

2021/09/27  旅行から帰ってきて、ずっと寝てるsora 相当負担だったのか、吐いてしまってた。 実はこれだけではなく、あっちこっちに吐いてしまってました。疲れが、胃にきたのか・・・・可哀想なことをしたな。。。ケージの中にも、布団に...

soraとマブの「初旅行」3

2021/09/25  3日目今日も朝から最高に爽やかな蒜山。朝、散歩に出ようと表に出ると、soraを一回り大きくしたような子が歩いてた。「ハスキーですか?」と聞くと「四国犬です。」との事。soraと、本当そっくりで、驚いた。soraがパピ...
お友達

soraとマブの「初旅行」2

2021/9/24  2日目蒜山高原の朝は、涼しくて気持ちがいい!蒜山高原は標高が500メートルくらい。めちゃくちゃ寒いわけでもなく、調度いいです。ログハウスには小さなドッグランもついているのですが、当然お外へ。小型犬なら十分の広さのドッグ...
散歩

soraとマブの「初旅行」1

2021/9/23  1日目今日はマブちゃんとsoraを連れて、初の犬宿に2泊3日のお泊まりに行ってきました。緊急事態宣言がまだ解除されていなかったのですが、2ヶ月前から予約をしていたのでどうするか、ずいぶん迷いましたがそろそろ緊急事態宣言...
私事

甥っ子ん家(ち)

2020/08/08   ここ1週間、ずっと、古いMacを修理していましたがどうしても、iMacは可動しないことがわかり、甥っ子のところには、Mac miniをだけを譲ることにしました。譲るのは、まるっきり問題ないのですが、何かと設定が大変...
お友達

松江の城下町「塩見縄手」

2019/05/23  「ホーランエンヤ」の後、私たちは松江の武家屋敷などがある「塩見縄手」と言う、松江を代表する風情のある通りをご案内。国宝の「松江城」がいいのですが(犬もいけるし)でも、みんな上がったことがあるので、今回はパス。松江城に...
お友達

ホーランエンヤ

2019/05/22  10年に一度、行われる船渡御「ホーランエンヤ」10年に一度なのですが、実は私の母の実家のあたりのお祭りなので子供の頃から、何度か見に行ったことのある「船渡御」でした。でも、こう言うものも、いくら珍しくてもやはり若いう...